【超おすすめ】発達障害の小学生にオンライン家庭教師が最適な3つの理由

【超おすすめ】発達障害の小学生にオンライン家庭教師が最適な3つの理由オンライン家庭教師の基礎知識

こんにちは和歌です。今回は発達障害オンライン家庭教師がおすすめの理由」について詳しく解説をしていきます。

私は仕事関係で発達障害の小学生たちと関わることが多く、発達障害コミュニケーション指導者という資格などを取得して取り組んでいます。

発達障害コミュニケーション指導者

オンライン家庭教師については2016年から4年間ほど利用してきましたが、その経験から発達障害の小学生にとても有意義な勉強方法になると感じたのでその理由をご紹介します。

  • 発達障害の小学生にオンライン家庭教師ってどうなの?
  • 発達障害の小学生にピッタリの家庭学習は?

そんな疑問をお持ちでしたらきっと参考になると思います。

発達障害の小学生にオンライン家庭教師が最適な3つの理由

発達障害の小学生にオンライン家庭教師が最適な3つの理由

実際に私が小学生の子供へオンライン家庭教師を4年間継続してみた結果、つぎの理由によって発達障害の小学生におすすめと感じました。

  1. 通塾の必要がない
  2. 教わりたい部分をピンポイントで勉強できる
  3. コミュニケーションを図ることができる

この3つの理由について詳しく解説します。

①通塾の必要がない

まず発達障害の小学生におすすめと感じた理由の1つが「通塾不要」です。この理由がもっとも大きいと私は感じます。

発達障害があると通塾することが困難で、なかなか学習塾などは考えることが出来ないと思います。

とくに発達障害があることで個別指導塾がピッタリに感じると思いますが、通塾することが難しく学習塾そのものを諦めてしまったという経験がおありではないでしょうか。

なるべく子供のペースで勉強できる、ピンポイントな指導方法。

これを実現できるのがオンライン家庭教師で、自宅にいながら学習塾どころか家庭教師の高クオリティで、発達障害により不足する部分をピンポイントで勉強できるおすすめの方法になります。

通塾不要

また、本当は学習塾へ通わせたいけど「受け入れ拒否」などが理由で、仕方なく放課後デイサービスへ依頼することもお考えになったと思います。

私も「発達障害のある小学生は受け入れ拒否」という学習塾や家庭教師をたくさん目の当たりにしてきましたが、なかなか講師教育が追い付かないなどが理由というのが現実なんだそうです。

オンライン家庭教師では、そんな問題もすべて解消できます。

ただし後ほど詳しくご紹介しますが「発達障害に理解のあるオンライン家庭教師」を見つけることが前提で、中には受け入れていないオンライン家庭教師も存在します。

②教わりたい部分をピンポイントで勉強できる

発達障害の特性ともいえる学力低下に伴い、いまの学年しか選べない通信教育などを断念された経験がおありかもしれません。

私も小学生の子供へオンライン家庭教師を考えるときに、通信教育全般についても探りました。

通信教育というのは基本的に「いまの学年を選んで入会する」というスタイルになっているパターンがほとんどで、発達障害で学力低下があるとピッタリの勉強ができないと感じました。

この「ピッタリの勉強」という部分でも、オンライン家庭教師の利用はおすすめです。

ピンポイントな勉強

家庭教師なので学年や学力とはいっさい関係なく、子供の苦手な部分や教えて欲しい分野などに集中してピンポイントな勉強を実践できるのがオンライン家庭教師の大きな特徴です。

したがって「学力に沿ったピッタリの勉強をさせたい」という場合にも、オンライン家庭教師であれば最適な勉強方法としておすすめできます。

③コミュニケーションを図ることができる

自宅学習のできる勉強方法で、人と接してコミュニケーションを図ることができるのはオンライン家庭教師くらいです。

自宅学習にはいろいろな方法がありますが、おもに通信教育が妥当になると思います。

通信教育をくまなく探ってみると「人と接する」ことができるのはオンライン家庭教師くらいのもので、紙教材やネット教材の通信教育では人と接することはできません。

この「コミュニケーション能力向上」が期待できるのも、オンライン家庭教師の特徴です。

コミュニケーション能力向上

発達障害があると、人と接することも勉強以外に大切な社会勉強となります。

したがってオンライン家庭教師は、学年関係なく子供の学力に適したピンポイントな勉強も出来ますが、さらに「人と接する」ことができるため社会勉強という意味でも有意義なスタイルです。

オンライン家庭教師は画面越しで接することができるのでコロナ対策としても効果的で、発達障害のある小学生にとって「安全な環境」「最適な勉強」を実現できる方法になります。

発達障害の小学生にオンライン家庭教師を利用するメリット・デメリット

発達障害の小学生にオンライン家庭教師を利用するメリット・デメリット

発達障害の小学生へオンライン家庭教師を考えるときに、メリット・デメリットを知っておくとより適切な判断につながると思います。私が感じた点をいくつかご紹介します。

デメリット

  • 発達障害に対応したオンライン家庭教師を探す必要がある。
  • パソコンやタブレットの画面に慣れる必要がある。

発達障害に対応したオンライン家庭教師というのは限られており、すべてが受け入れてくれるわけではないので注意が必要です。

また子供がインターネット端末に慣れていないと勉強を継続しづらい場合もあるので、この点についても確認しておくことがおすすめです。

メリット

  • 通塾をする必要がない。
  • 完全非接触でコロナ対策として安全な勉強方法を実現できる。
  • 学力に合わせたピンポイントな指導を受けられる。
  • コミュニケーション能力向上が期待できる。
  • 自由に時間を選んで「やる気」があるときに勉強できる。

発達障害があると「やる気のある時間帯」について気になると思いますが、子供がいちばんやる気になれる時間帯を選んで取り組めるのもオンライン家庭教師の大きなメリットです。

また週末なども関係なく指導を受けられて、夜も割と遅い時間まで選ぶことができるので子供に合わせやすい勉強スタイルになります。

まとめ

今回は「発達障害の小学生とオンライン家庭教師」についてご紹介してきました。私がおすすめと感じる理由がお分かりいただけたと思います。

発達障害の特性として、こんな場面がないでしょうか。

  • 人と接するのがかなり苦手。
  • 1+1=11になるなど理屈をなかなか理解できない。
  • 自分が好きな教科や分野だけを勉強したがる。
  • すぐに集中力が途切れてしまう。

紙教材やネット教材の通信教育ではこのような問題解消は難しいですが、オンライン家庭教師では人が接してくれることもあって「良い方向へ導いてくれる方法」になります。

私も発達障害の小学生たちと付き合ってきましたが、間違いなくそう感じます。

もし発達障害の小学生に支度学習を考えるのであれば、このような本当の意味で問題解消につながる勉強方法をお選びになることをおすすめします。

私が「発達障害の小学生とそのご家族」へオンライン家庭教師を考えるのであれば、母体となる家庭教師ノーバスとともに発達障害の理解に力を入れている「オンライン家庭教師ネッティ」を間違いなくおすすめします。

小学生向けオンライン家庭教師「ネッティ」の機材・テキスト・費用・口コミなどを徹底レビュー
オンライン家庭教師「ネッティ」を徹底レビューします。小学生の子供に4年間オンライン家庭教師を利用した経験から「オンライン家庭教師ネッティ」について機材・テキスト・費用・口コミなどをご紹介します。発達障害にも理解のある会社です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました